読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小金井の女性刺傷、検察は控訴せず 被害者側「残念」

 東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)をナイフで刺して重傷を負わせたとして殺人未遂などの罪に問われた岩崎(いわざき)友宏被告(28)について、東京地検立川支部は14日、懲役14年6カ月とした一審・東京地裁立川支部の判決に対して控訴しない方針を明らかにした。岩崎被告は判決を不服としてすでに控訴している。

 冨田さんの代理人弁護士は判決後、家族の意向として検察側に控訴してほしいと希望を伝えていたが、地検支部は「控訴するに足る理由はない」としている。代理人弁護士は「検察が控訴しなかったことは非常に残念だ」と話した。

 一審で検察側は、懲役17年を求刑。冨田さんの代理人弁護士は、被害者参加制度を通じて無期懲役にすべきだと訴えていた。

 

歪曲して報道されているのではなく、この通りであるならばとんでもないことだと思う。

控訴するに足る理由はない」・・・。

17年の求刑に対し、14年6ヶ月の判決。これだけで十分に控訴する理由になるだろう。それとも、検察は何の根拠もなく、17年という数字をふっかけていたのか。また、被害者は無期懲役を望んでいる。

法廷での被告の態度を見ても、反省をしているようには到底思えない。一方で、被害者の人生は台無しにされてしまった。

被告は判決を不服としている?世間を舐めるのもいいかげんにしろと言いたい。

今回の検察の決定及びその理由は、不可解であり、検察に対する信頼を低下させるものであると思う。